ALLPCBでオリジナルのプリント基板を発注してみた

今オリジナルの自作キーボードを作っているのですがいくらデータが出来上がっても形にしないと進まないのでPCBを発注しないといけないのですが、プリント基板発注先で有名なelecrowなどが春節明けの製造遅延がまだ起こっていると聞き、どうせならいつもと違うところで発注してみようと思ってトータルの見積もりが圧倒的に安かったALLPCBを使ってみました。

www.allpcb.com

 

 

elecrow自体も全然高くないと思ってたのですが1/3ぐらいやすいとインパクトすごいですね...

132×75mm、2層、15枚、24時間製造、送料無料 35ドル

f:id:kata0510:20180308000154p:plain

 

参考までに同条件でelecrowの価格

製造が4-7日なのと送料が22ドルかかるので54ドル($32+$22)になります

f:id:kata0510:20180308000430p:plain

 

さすがに安すぎて人柱的な感じで発注してみたら

 ほんとに24時間(+α)で製造完了するしDHL発送なのであっという間に手元に届きました

5日午前に注文して10日に届いたので6日で届いたことになります1週間かかりませんでした

 

最終的な配送は佐川急便へ委託されたのですが受取は印鑑ではダメらしく、受領書にフルネームでサインする必要があるため対面受取でないといけないのでその点に注意する必要があります。1日受取が伸びてしまいました。(宅配ボックスを設置しているのですが持ち戻り扱いになっていた) 

f:id:kata0510:20180315142630p:plain

f:id:kata0510:20180315144314p:plain

 

届いたものがこちらです。

しっかりとした箱にPCBが入っています。

f:id:kata0510:20180311124649j:plain

 

PCBの精度もかなりいいと感じました(シルクが途切れているのは自分の作成データのミスです)

f:id:kata0510:20180311135804j:plain

 

圧倒的な安さと製造スピードですし出来上がったPCBも個人の趣味で使う範囲では十分すぎる品質でかなり満足でした。

次からもここ使おうかな〜って思う感じです

 

青春が無の技術系高校生オタクが女子高生とディズニー行った話

先月男4人とディズニー行くイベントが突然発生したけれどその後にいろいろあり男3女2でディズニーに行くことになって最高だったので忘れないうちに書いておきたくて書いてる

文章めちゃくちゃなのは気にしないでほしい

 

 

男の方の情報

通信制高校で女子高生どころか青春を味わえてない

 

女子高生の情報

男側の友人の通っている高校の女子高生

 

 

LINEのグループが出来上がりLINEを使わないオタクなのでそのタイミングでMacのDockにLINEが追加された

基本的にディズニーの話をしていた

予定は立てず1人女子高生側に詳しい子がいるので案内してもらう予定だった

 

当日

案内できる女子高生が寝坊

先に到着した男3と女子高生1で入場。

寝坊して後から来る子がいるのと無計画だったので歩いて1時間消費

昼食取りながら計画プランを立てた

制服ディズニーをしようという名目だったがオタクは私服で来て女子高生だけが制服を着ているという状態

通信制高校なので制服という概念がないので仕方がない。

 

土曜だったのでアトラクションはどれも60分以上待ちだったけれどずっと話をしながら待っていたので苦ではなかった

だけど運動不足なのと睡眠不足で夕方ぐらいからしんどかった

 

自分は絶叫系アトラクションが苦手なので先月行ったときはチキって乗らなかったけれど今回は覚悟決めて行った

乗る前に友人が「タワテラは青春の象徴なので乗るべき」と発言したがやっぱ怖くて

「2年半以上何も青春してこなかったのにこの半年でいきなり青春っぽいことをしてもそれは偽りの青春」と発言してしまいオタクなのを思いっきり出してしまった。

 

絶叫系アトラクションが嫌いすぎて並んでる最中に心拍数177を記録して気分を悪くしてリタイアした

出口の扉まで行くときの周囲の視線がヤバイ

AppleWatchの心拍計で笑いを取ることができたので買ってよかった1

 

 

 最後に地球のアレの前で写真取るときにカメラと反対側向いて写真撮ったのでこの時もAppleWatchでカメラアプリのモニターしながらフォーカス合わせてシャッター切れたので最高なのでAppleWatch買ってよかった2

f:id:kata0510:20180120222328j:plain

 

オタクなので家からディズニー内まで現金1円も使わない縛りを勝手にやってたのでLINEPayカードが大活躍した

スポンサーがJCBでレジ横にJCBロゴしか無いのでJCBしか使えないと思ったけれどVISAはもちろん銀聯など現在発行されているカードならだいたい使えるっぽい

みんなそう思っているのかカード使っている人自分ら以外にいなかった

サインレスなので現金よりスムーズに決済できるしみんな使おう

その旨をパーク内で一切書いてないので夢の国なのに企業間のお金関係の闇って感じがしますね

(ロゴの下の文章はオフィシャルスポンサーですとしか書いてないっぽい)

www.tokyodisneyresort.jp

 

驚いたのがポップコーン売り場でもカードが使えてしかもカード通した瞬間に決済通知が来たのですごかった 半常設店なのでイーサネット引いているのかもしれない

 

女子高生とSNOWで自撮りできた

完全に良い体験

 

最後に

最後の年に最高の青春を味わえたので最高だった。

Ergodoxの軸を茶軸から赤軸に交換したと1週間ちょい使ってみての感想

先日Ergodoxを作ったのですがその際に茶軸で組み立てたのですが思った以上に音がうるさかったのと後日白軸へ交換予定だったのですが軽すぎて誤タイプ連発しそうだったので余っていたKailh Box Redへ交換しました。

 

といっても作業中の写真はほとんどなく、交換前と交換後の写真のみです...

f:id:kata0510:20171230171833j:plain

f:id:kata0510:20171230202115j:plain

 

かなり静かになり少し高めのキースイッチなので滑らかさが格段に変わり、満足度高くなりました。

 

なんだかんだ1週間ちょい使っている間に興味本位でDvorak配列を試したりしたのですがまだErgodox自体に慣れてないせいもあり結局Qwertyでなれるまで様子見しています

キー配列もまだ記号周りがしっくり来る配列が見つからずちょいちょい修正している現状です。

今更Ergodoxを自作した[Ergodox Build Log]

この記事は自作キーボード AdventCalendar 2017の11日目の記事です

adventar.org

 

少し前にLet's Split(レツプリ)を作ってから分割キーボードに興味が湧いてしまい、ブームが去ってる感がありますが分割キーボードの火付け役とも言えるErgodoxを作ることにしました。

unilog.hatenablog.com 

 

調べていくと英語のビルドログは結構ありますが日本語のビルドログはほとんど見かけなかったので書き残していこうと思います

 

パーツを買い揃える

パーツ

個数

価格

購入先

PCB(基板)

 

¥8947

falba.tech

ケース

 

falba.tech

キーキャップ

 

¥3329

AliExpress - KBDfans

スイッチ

80個

¥1898

MecKey Alpha

スタビライザー

4個

¥565

AliExpress - KPrepublic

 

 

 

 

Teensy2.0

1個

¥1219

Aliexpress

MCP23018-E/SP

1個

¥370

マルツパーツ

1N4148W スイッチングダイオード

76個

¥200

秋月電子

2.2kΩ抵抗

3個

¥100

220Ω抵抗(LED用なので必要なら購入)

3個

¥100

50V0.1uF セラミックコンデンサ

1個

¥10

miniB USBコネクタ

1個

¥200

3.5mm4極ジャック

2個

-

Digit-Key,keebio,MEHKEEなど

*1


 表の値段は送料を含んだ値段を記載価格は購入時の価格で為替、販売店の値段変更などで多少前後する場合があります。

合計金額は約17000円となりました

 

今回のケースはErgodoxEZと一番似ていると言う理由でfalba.techのPVCケースを採用しました。Bストック品ですが通常使用には問題なさそうです。

 

パーツをちょくちょく買い集めていたらケースとPCBを買うのを忘れて急いでfalba.techで注文を入れた(11/22)のですが発送まで1週間以上、輸送もそこそこ時間がかかり本来記事を投稿する日の夕方に到着し、急いで組み立ててギリギリ間に合わせました。

 

f:id:kata0510:20171211183952j:plain

 

組み立てる

この記事を書いてる当日にパーツが全部揃った関係でかなり雑な実装をしています...

自分が調べた中で(アーカイブですが)Massdropのが一番わかりやすかったのでこれを参考に組み立てていきます

archive.is

 

大まかな流れは以下の感じ

1.ダイオード取り付け

2.キースイッチ以外のパーツ取り付け

3.miniUSBケーブルの加工

4.キースイッチの取り付け

5.キーマップの書き込み

 

1.ダイオード

今回足付きのタイプではなくチップタイプを選びました。

ただ単に見た目がいいという理由でチップ抵抗を使うことにしましたがペーストハンダもヒートガンも持ってないので普通のはんだこてではんだ付けを行っていきます。

 

細かい作業なのでフラックスを塗って作業するとかなり楽でした 

goot プリント基板フラックス BS-75B

goot プリント基板フラックス BS-75B

 

ダイオードを置いて予備はんだを溶かして片方をはんだ付け

向きは足がついてるダイオードの穴で四角い方をチップダイオードの線が入ってる方ではんだ付けを行います。

f:id:kata0510:20171211190244j:plain

残る片方をはんだ付けして予備はんだを行った方もしっかりとはんだ付けします

f:id:kata0510:20171211190455j:plain

これをあと76個繰り返します

この作業だけで両手2時間分かかりました(クソしんどかった)

f:id:kata0510:20171211195650j:plain

2.キースイッチ以外のパーツ取り付け

・抵抗

PCBに抵抗をはんだ付け。今回はスイッチにLEDを埋め込まないので"LED"の印刷されている部分はつけなくても大丈夫ですが一応つけておきました。左側はつけません。

 

・TRRSジャック

取り付けた後、抵抗の足の切れ端でジャンパさせます(左側も同様に)

f:id:kata0510:20171211222034j:plain

・MCP23018-E/SP

セラミックコンデンサの取り付けを忘れずに

f:id:kata0510:20171211221734j:plain

 

・Teensy2.0

PCBにまず足をはんだ付けしてからTeensyをはんだ付け

miniUSBコネクタ

PCBにはんだ付け...と行きたいところでしたが秋月電子で購入したコネクタは余計な足がついていて取り付けることができませんでした。かなしい。

後日適合するコネクタを購入して追記します...。

f:id:kata0510:20171211211549j:plain

・USBケーブルの加工

まずTeensyについてきたUSBケーブルをカットして被覆を剥きます

Teensyに差し込んだ状態で画像の通りにケーブルをはんだ付け

miniUSBコネクタが取り付けできてないので後日追記します

 

5.キースイッチの取り付け

すべての電子部品を取り付け終わったらキースイッチを取り付けします

 プレートとPCBをあわせ、四隅にスイッチを固定したらPCBに取り付けててはんだ付けをします。

 

f:id:kata0510:20171211213520j:plain

そしてキーキャップをはめ込みます。

今回はDSAの無刻印のキーキャップを選びました 

f:id:kata0510:20171211220035j:plain

これで完成...!と言いたいですが実はKailh Box Whiteで作ろうと思ってMEHKEEで注文したのですが間違えて赤軸を注文し、訂正依頼を出したけれど結局届いたのは赤軸だったというかなしい感じなので後日白軸注文して作り直ししようと思います。

"end game"はまだ続く...

 

直したいところ

パームレストが無い

意外と高さがあるのとキーキャップも傾斜がないタイプなので若干の打ちにくさがあるのでいい感じのパームレスト情報があれば教えてほしいです...。

・本体を傾斜させる

Ergodox EZは本体にスタンドの足があり傾斜させることができるのですが自作なのでなんとかしたいなという感じなのですが3Dプリンターでいい感じの台を作ることができるやつがあるっぽいので後日3Dプリンターを借りれるところで作ってみようかと思います

github.com

 

おまけ

今日までにパーツが揃わないと思って前にアクリル板を切り出したときにMiniDoxのケースを作っていたので空中配線で作りかけてしました。

いつか完成させます。

f:id:kata0510:20171208153344j:plain

f:id:kata0510:20171208162615j:plain

 

修正依頼出したけど結局届いてしまったKailh Box Red(80個)の引き取り手募集中です...。3000円ぐらいで引き取ってくれるととても嬉しいです。気になる方は@F_YUUCHIか@ka51_にリプ飛ばしてください...。

 

 

 この記事は9割HHKB Professional2 US、1割がErgodoxで書きました。

 

 

 

*1:国内通販,店舗などでは販売していないパーツなので手持ちがない場合は多少送料がかかってしまいますがMEHKEEなどでキースイッチなどと一緒に購入することを推奨します

Fire HD 8(2017)+Kodi+Harekaze for Kodi(pvr.chinachu)でテレビ視聴環境を作る

先日Amazonの割引でKindle Fire HD 8を6000円ちょっとで入手したのでKodiをインストールして快適なテレビ視聴環境を作ったのでその話

Kodiにpvr.chinachuを入れる

GooglePlayからKODIをインストールしてアドオンとしてHarekazeをインストールする方法だとAndroidの場合エラーが出てインストールが完了しないので自分でHarekaze入りのKodiをビルドする必要があります。
(Androidアプリのビルド環境を事前にあることを前提に進めていきます)

ほとんど公式のビルド方法を参考に
github.com

 

署名キーの作成とAPKのビルド

公式のをそのままコピーしてシェルスクリプトを書きます
KEYSTORE,ALIAS,PASSWORDは各自変更をしてください

ndk-build APP_ABI=armeabi-v7a

KEYSTORE=example.keystore
ALIAS=hoge
PASSWORD="hoge"
P=`pwd`

keytool -genkey -v -keystore $KEYSTORE -alias $ALIAS -noprompt -keyalg RSA \
    -keysize 2048 -validity 20000 -keypass $PASSWORD -storepass $PASSWORD \
    -dname " cn=$RANDOM, ou=$RANDOM, o=$RANDOM, c=US"
    
APKURL="http://mirrors.kodi.tv/releases/android/arm/kodi-17.5.1-Krypton-armeabi-v7a.apk"
FILENAME="${APKURL##*/}"
set -eux
WORKDIR=$(mktemp -d)
cp -r libs $WORKDIR/lib
cp -r template $WORKDIR/addons
cp ChangeLog.txt $WORKDIR/addons/pvr.chinachu/
cp LICENSE $WORKDIR/addons/pvr.chinachu/
cd $WORKDIR
mkdir assets
mv addons assets/

curl -OL $APKURL
zip $FILENAME -d META-INF/*
zip -r $FILENAME lib -i *.so
zip -r $FILENAME assets/addons
cp $FILENAME "$OLDPWD"

署名してインストール

jarsigner -verbose -sigalg SHA1withRSA -digestalg SHA1 -keystore $ KEYSTORE \
    -storepass $ PASSWORD  $ FILENAME  $ ALIAS
adb install -r $ FILENAME

端末のアプリ一覧にKodiが追加されてるので起動して
アドオン→Myアドオン→PVRクライアント→Harekaze(Chinachu PVR Client)を選択
設定からChinachuのWUIのアドレスを入力
http://username:passwd@Serveraddress:port

OKを押すと再起動をするよう求められるので再起動をするとテレビにHarekazeが設定されてリアルタイム視聴や録画、EPGなどが見れるようになってるはずです
f:id:kata0510:20171110183405p:plain

これで快適なテレビ視聴環境ができました

さらにタブレットアームを購入してベッドに備え付けにするとかなり良さそうですね

MacBook Pro Retina(2015)のバッテリーが膨張したので修理に出した

 

MacBook Pro Retina 13インチ 2015年モデルを毎日のように使用しているのですが、家でクラムシェルモードで使用することが多く、その際に高負荷をかける作業が多かったせいか2年半でバッテリー膨張が発生していました。 

症状

  • バッテリーが膨張
  • 膨張によりトップケース(下側)の変形
  • 膨張の影響で液晶に当たり、液晶のコーティングが剥がれている

といった状態でした。

 

画面閉じても完全に締まりきらない

f:id:kata0510:20170915173318j:plain

 

バッテリー膨張は7月頃に気がついたのですが最初は「まだ使えるので大丈夫」と思っていたのですが外で使っているとタイピング中にガタガタ揺れ、それが日に日に大きくなっていくのが感じられたのでAppleStoreに持っていきました。

 

修理前にすること

今回はバッテリーと外装とディスプレイのみがダメージを受けてるので記憶装置は交換されないと思っているのですがGeniusBarの予約時もスタッフの方にも数回バックアップについて聞かれたので必ずバックアップを取ってからストアに持ち込みましょう(発送しましょう)

 

修理している間の代替え機が家にないので思い切ってMacmini 2014年モデルの最低スペックを購入してMacBookProのデータを移行させることにしました。

(移行アシスタント経由ではうまく移行できなかったのでTimeMachineバックアップ経由で行いました)

 

AppleStoreへ行く

駅から坂があるせいで地味に遠く感じるAppleStore渋谷に向かいました。

GeniusBar関連は2階なので1階の展示には見向きもせず2階へ向かいます。

予約時間の10分ぐらい前に着いて階段付近に立っていたスタッフの方に名前を伝えると持っていた予約一覧の見れるアプリが入った専用のiPadを確認して「Macですね〜カウンターでの対応なんですが今席空いて無いので近くで待機してもらっていいですか〜」って感じで言われたので近くまで行くとちょうど席が空いてすぐに案内されました。

 

現在の症状をGeniusBarのスタッフに伝えるとすぐに他のパーツに異常はないか念のためということで確認してもらうことに

 

テーブルの下からEthernetケーブルとThunderboltの変換を取り出してスタッフの方のiPadから診断ツールを立ち上げていました。

 

f:id:kata0510:20170915172434j:plain

f:id:kata0510:20170915173116j:plain

診断ツール終了後の画面を撮影したのですが矢印で指しているところの横に入ってる筋がコーティング剥がれですね。

見積書が出来上がるといくつか説明がありました

  • 今回は自然故障でAppleCare加入中なので修理代金は無料の予定
  • 万が一水濡れなどがあればすべて有料での修理になる
  • 再度バックアップをしているかの確認。修理の際にデータが消えることがある。
  • 修理期間は3日~5日かかる
  • 修理完了後の受け取りをAppleStoreか自宅(宅配)を選べる

そしてiPadに指でサインをして終了。

その時点でメールで見積書が届きましたが紙でも全く一緒の内容の物を受け取りました。

受け取りのときはこの見積書の紙と身分証を持って来るように言われました。

そして貰った見積書がこちら

f:id:kata0510:20170915204000p:plain

雑に扱っていたせいでボディに傷が多数あり、そのことも書かれちゃってます。

53000円の技術料ですが後記でパーツ代も含んだ代金があります

幸いAppleCareに入っていたので0円になりました。25000円の保険がこんなところで役に立つとは思ってなかったです...。(お守り感覚で保険を使うとは思ってもいなかった)

 

受け取りに行く

預けた2日後の昼にこんなメールが届きました 

f:id:kata0510:20170915190313p:plain

修理状況のページを見るとクロネコの追跡番号があったのでそれを合わせて今回の時系列を簡単に書くとこのようになります。

13日

14:30 本体を預ける

18:00 輸送中のステータス

14日

15:00 修理中

18:55 厚木法人営業支店発送(輸送中)

15日

09:24 AppleStoreに配達完了

12:30 受け取りができるとのメールが届く

 

率直な感想としては「修理速い...」でした。

AppleStoreで預けて自宅受取にしてたら48時間以内に手元に帰って来る計算です。

 

おそらく修理センターをヤマト運輸の厚木ゲートウェイに置いているんじゃないかと予想しています。

 

Storeについて数日前と同じく2階へ直行。階段前にいるスタッフさんに「修理の受取に来ました」と伝えるとカウンターに案内され、修理品完了したMacを1階から持ってきてもらい同時に修理報告書と噂に聞いていた"Appleマーク入りのクリアファイル"を受け取って軽く動作確認をして受取確認のiPadにサインをして完了でした。多分5分かからなかったと思います。

 

f:id:kata0510:20170922200650p:plain

別途交換したパーツなどが記載されたメールが届いたのですがパーツ単価がすごいことになっていた。液晶、トップケース、修理技術料 合計13万円超えが2万5千円の保証で0円になったと思うとすごい。(保証なしでも請求金額はこの金額まるまるではなく多少安くなると思いますが)

f:id:kata0510:20170922200853p:plain

残念ながら底面のネジ止めされてるカバーは交換されておらずそのまま残っていました。バッテリー膨張で変形してたはずなんですがフラットになっていて不思議です。直したんでしょうか。

あとはロジックボードも交換になっていないので端子部の傷、汚れはちゃんと残っていました。

 

ですが液晶、バッテリー、キーボード、トラックパッドは新品なので非常に普通に使ってる分には新品を使っているかのような感覚になります。

 

初めてApple製品の修理を出したのですがかなり満足度の高い結果となりました。

 

 

Let's Split(レツプリ)を作った

前置き

だいぶ前ですがこんな記事を書いたと思います。 

unilog.hatenablog.com

だいぶ適当に書いてしまった記事なんですがGoogleで「ErgoDox 自作」とかで調べるとなんかすごい上位に来てしまっててとても申し訳ない気分になっています。(結局作ろうと思って作っていない)

f:id:kata0510:20170830201344p:plain

 

自作キーボード欲はずっと前からあったのですが結局作っていなかった中、Let's Splitと言う自作キーボードを知り、今回作るに至ったわけです。

続きを読む